【ストレスフリーな授乳服 モーハウス】 母乳育児中のママの快適さは、赤ちゃんの心地よさにつながります。さっとすぐに授乳できる、場所や人目を気にせずに授乳できることなど機能性を重視したママの声を取り入れた商品開発を行っています。赤ちゃん連れでも、いつでもどこでもあわてない。ウェアラブル授乳室、いかがですか?

グッドデザイン キッズデザイン 助産師会推奨
子育ては“我がまま”でいい
10,000円(税抜)以上のご注文で送料無料。
  0120-60-77-60
平日:10時〜18時/土:10時〜13時
子育ては“我がまま”でいい

RANKING
NEW ITEMS
CALENDAR



PICK UP ITEMS

すべての商品を見る > Mo-House Design Collection > 纏×モーハウス > 美デザイン×ユニセックス×授乳の出遭い

ページtopへ



美デザインかけるユニセックス×授乳服の出遭い
 


発端は、服飾美学の学会でお目にかかったことでした。
折しも、日曜美術館での紹介、海外巡回のオファーなど、 ファッションの展覧会としては
異例の人気だった展覧会「感じる服、考える服」開催中のことです。


この企画のキュレーターでもある私の先輩が座長をつとめるその学会で、
お二人の講演を伺う機会がありました。
彼らは、先の展覧会に選ばれ展示された10のブランドのうちの一つ。
学会に参加した方たちは皆で、ファッションを超えて表現された 彼らの作品を堪能したものでした。

美デザインかけるユニセックス×授乳服の出遭い
 


matohu。「マトウ」。

さまざまな意味を感じさせるブランド名。
日本の伝統をまったく新しく生まれ変わらせた独特の世界観で、
その作品は、東京コレクションなど、ファッションシーンのみならず、
この展覧会後も、金沢21世紀美術館や海外での展示など、 高い評価を受けています。


そのお話と作品に惹かれた私は、
その後、青山にあるショップやアトリエで、お二人とお会いする中で、
何かコラボレーションができないかというお話になっていったのです。



 


何が私の心をとらえたかと言えば、二つ。


一つは、日本の伝統がベースであること。そもそも授乳は生活の一部。ということは、
かつての生活着である伝統的な服というのは
ユニバーサルデザイン性があり、かつ、授乳しやすい作りになっているはず、 と、いつも思っていました。


日本の着物ももちろんそう。
サイズもさまざまに対応できます。
そして、胸元から、あるいは身八口から、授乳ができます。
そんな伝統を生かした服を作れば、それは人を選ばず着ることができ、
さらに、授乳も可能になるのでは、と思っていたのです。


もう一つは、ファッションの域を超えた美しさがあること。
かつて美術関係の仕事をしていた時に、いつか扱いたかったジャンルは、 建築とファッションでした。


どちらも、生活に密着したものであり、 美術ととらえられないこともあります。
でも、人が中に入ることで完成し、さらに変化もするアート。
いわばインタラクティブな魅力も持つ作品です。
そして、人が中に入る、ということは、 もっとも身近なアートでもあります。



彼らの作品には、そのいずれもがありました。

美デザインかけるユニセックス×授乳服の出遭い
 


実際、matohuの商品を手に取っていると、 まさにそうしたことを感じます。
授乳できそう、というものさえ時々あります。


コレクションや美術館での展示、作品集の出版など、
刻々忙しくなる彼らとの打合せは、かなりタイトなものでした。
それでもその打合せは、一回一回、じっくり時間をかけて行われました。


母親ならではの要望をいくつか入れ、バランスとデザインを何度も調整し。
度重なる試作の末、彼らのオリジナルデザインを元に、
赤ちゃんを抱っこでき、授乳も可能な作品ができました。





美デザインかけるユニセックス×授乳服の出遭い
 


コートのようにも、ショールのようにも着ることができ、 男性も女性も、年齢も問わず、
そして、たとえば和服にも当然のように。
もともとユニセックスで着ることができるスタイルに さらに赤ちゃんとの行動も織り込んだのです。


彼らの世界観を感じながら、 さまざまなシーンで、さまざまな人と共有して 楽しんでいただければと思います。





現在登録されている商品はありません