【アイテム追加】サマーセール開催中!

授乳服・マタニティウェアのモーハウス

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

授乳服・マタニティ服のモーハウス 公式オンラインショップ

モーハウス ママスタッフの出産エピソード

妊娠中は気になったことを検索して、ネガティブになってしまう事ありませんか?
どんな出産になるのかが気になると思いますが、出産は十人十色。 それでも気になるのが出産の時「どうだったか?」ですよね。

モーハウスは、ほとんどのスタッフが育児中ママです。

出産の喜びや、失敗談など、出産を経験したからこそ、妊娠中のママへ伝えたい事もあわせて、
ママ達の出産エピソードをご紹介します。
お腹の中の赤ちゃんと出会える日を楽しみに、できるだけリラックスした気持ちで過ごしてくださいね。




こんなにかかるの? 陣痛~出産時間

モーハウス スタッフ ミニー

■出産エピソード

出産予定日が近くなり、陣痛を気にしながら生活していました。 前駆陣痛と陣痛の違いが分からず、病院に電話し確認しました。 微弱陣痛と子宮口が開かず、42時間かかって出産しました。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
体力をつけておくと、出産時も産後も体の負担が減り、とても良いと思います!!



ビックリするほどの スピード出産

モーハウス スタッフC

■出産エピソード

1人目 2月下旬 40週 (冬)
予定日前には3500gあったので、入院して促進剤で出産することになりました。 入院してから2日は微弱陣痛が続き、3日目に破水、4日目に産まれました。

2人目 7月下旬 39週 (夏)
予定日1週間前、お風呂に入ってから下腹部と腰の痛みを感じたのでとりあえず 時間を見ながら室内をウロウロしていました。痛みが強くなり産院へ電話。 それから4時間後に産まれました。

3人目 4月中旬 40週 (春)
予定日から4日目の朝に痛み(おしるし)を感じて産院に電話をして、 一度内診をしてもらいましたが、痛みは強いけど降りてないとのことで一時帰宅・・・と 家に着く前に痛みが変わり、産院に戻って2時間後に産まれました。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
妊娠中はいつ、何が起こるか分からないので、出産準備、入院準備をするのに早すぎることはないと思います!準備できることは早めにしておくとイザ!という時にとても安心でした。



モーハウス スタッフ いしちゃん

■出産エピソード

妊婦検診の日の夜に出産しました。
健診の帰り道、なんとなくおなかが重くなる感覚がありましたが 他に体調変化がなかったので帰宅。
破水だったのでおしるしはなく、2時間くらいの出産でした。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
夜中の出産だと徹夜明けで赤ちゃんのお世話をする事になったりするので、 普段からよく寝ておくといいと思います。



まさかの出産エピソード

モーハウス スタッフN

■出産エピソード

10月27日予定日で10月12日に生まれました。
10月6日まで仕事をしていて、さあやっとのんびりできる~と思ったのも束の間、予定日よりも15日早く生まれたため準備もまだ終わっておらずバタバタな出産でした。
10月12日に日付が変わってすぐ、ベッドへ横になり寝ようかなと思ったら尿漏れのような感覚が、、、
すぐにトイレへ行ったが止まらず、破水してしまいました。

まずいと思いすぐに病院へ連絡しようと思ったが何を思ったのか廊下やトイレなどにポタポタ垂れたところを掃除したり入院になったらできなくなってしまう―!
と思い明日やろうと思っていた洗濯をして、ひと段落したところで病院へ電話。
もちろんすぐ入院の準備をして来て下さいとの指示。急いで準備しました。笑 

主人は出張中のため事前に登録しておいた陣痛タクシーへ連絡。
が、全然通ず!
事情を病院へ説明。お腹が痛くないので自分で運転していっていいですかと聞くともちろんダメ。どうしようかなと思っていた時やっと電話が通じて無事病院へ到着しました。
この時にもう午前4時ぐらいだった記憶です。

病院へ着き入院の手続きをし、まだ提出していなかったバースプランを提出てから、部屋で朝ご飯を食べたりのんびり過ごしていました。

陣痛が全然こないので促進剤を使用。
効いてきたのかだんだんとお腹が痛くなってきてようやくLDRへ移動。
短い距離なのに徒歩で行くのが遠く感じ途中で痛い波が来てなかなかたどり着けませんでした。

この時で14時ぐらいです。
そこから生まれるまで6時間程。20時に生まれました。

正直この6時間はとても長く感じました。
そして記憶があまりないです。覚えているのは腰が砕けそうだったこと。

主人は出張先から帰ってくる日だったためなんとか立ち会うことができました。 生まれた瞬間は嬉しい気持ちとやっとこの痛みから解放される~という2つの気持ちでした。

カンガルーケアをしばらくし、出血も止まったため部屋へ戻りました。

出産後から母子同室の病院だったのですが、夜中に破水~そのまま出産でヘトヘト。
一睡もしていなかったので預かってもらい睡眠をとりました。
ここで睡眠をとらせてもらえたのがすごく有難かったです。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
初めての体験で不安なことが多いと思います。
私も色々調べて担当の先生にたくさん質問をしました。 心配なことも多いと思いますが、色々考えるよりもリラックスして今しかないマタニティ期を楽しんでほしいと思います。


モーハウス スタッフ Y・A

■出産エピソード

赤ちゃんの成長はとても順調(大きめ)でしたが、妊娠中期からずっと横位(赤ちゃんが横にいる状態)が直らず、性別も判別できない状態だったので、妊娠36週で計画帝王切開になりました。
帝王切開の前日に入院して、手術のための準備をしました。

当日、手術前に注射をするのが痛かったのですが、麻酔がすぐに効くので痛くて大変という感じではありませんでした。
帝王切開は意識がある中で行われるので、とても不思議な感覚でした。
(手術部分は目隠しがされていて直視できません)

赤ちゃんが出てきた瞬間に小さな声で「にゃ~」と聞こえ、
子猫?
いや、いや、赤ちゃんが生まれたんだなと思った記憶があります。

赤ちゃんは処置室にすぐに運ばれて、看護師さんから
「おめでとうございます。では、少し眠くなりますね」という声と共に眠り、
目覚めたら病室でした。

翌日の朝に新生児室から赤ちゃんに会うことができました。
私はそれまで新生児を見たことがなかったので、
こんなにも小さくて&赤いんだと驚きと、
自分でお世話ができるのかな?
という漠然とした不安がありました。

この時は車いすで移動だったのですが、この後から、自力で動いてくださいねと言われて、
自力で動くと傷が痛くて、これがとても大変でした。

3日目くらいまで痛みに慣れず、トイレに行くにも点滴台を支えにして行っていました。(点滴はしていません)
4日目以降は自力歩行ができるようになり、7日目に退院しました。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
私は妊娠中に貧血や便秘に悩んでいたので、産院に相談して薬を処方してもらっていました。
検診時、こちらから聞けば先生や看護師さんが教えてくれるので、どんな些細なことでも、検診では遠慮せずに心配・不安な事を聞いてほしいです。
産後は赤ちゃん優先生活になり、ママ1人の時間がなかなか取れないので、今の時間を楽しんでほしいと思います。



赤ちゃんとのつながりを感じるエピソード

モーハウス スタッフY

■出産エピソード

28週の朝6:00頃、破水に気づいて目が覚めました。
量は少なかったのでベッドが汚れるほどではありませんでした。
事前に破水があったらお風呂に入ってはいけないと聞いていたので、落ち着いて産院に電話をして入院となりました。
陣痛もまだないので、気持ちにも余裕があり、ワクワクしていたのを覚えています。

そこから自然に陣痛が始まり、背中や腰をさすってもらいながら過ごして、15時頃に出産しました。
分娩用のベッドでは「背中をベッドに押し付けるようにして、産み上げるようにイキんで~」と言われ、
助産師さんのサポートに励まされ比較的短時間で出産できました。

胎盤の排出や処置をしていただいている間に、赤ちゃんの計測等も終わり、カンガルーケアでしばらく過ごしました。
母子ともに元気があったので分娩室で初めての授乳もしました。

辛かった陣痛の痛みもなくなりハイになっているような感じで、幸せがこみ上げる時間を十分に味わうことができました。

■出産についてマタニティママに伝えたいこと
妊娠してからたくさんの情報を見てきて、自分はどのパターンで出産になるかドキドキワクワクしていると思います。
私のように予定日前に生まれることも多いので、出産準備は早めにしておいた方が良いですね。
陣痛の痛さはたとえようのないものですが、赤ちゃんもお腹の中で頑張っていると思うと、2人で力を合わせて頑張ろうと思えました。
赤ちゃんが生まれてお母さんになる瞬間を楽しみに、残りのマタニティライフも楽しく過ごしてくださいね。